2010年12月21日

菊水上町の住環境整備

 私、松浦忠が初当選した83年当時、菊水や菊水上町は、歴史があるだけに私道が多く、上下水道、消火栓などの住環境整備がたいへん遅れていました。

 道路一本整備するにも地主さんに用地を寄付いただかなければなりません。用地の寄付をお願いして回り、私道を市道に認定して舗装し、上下水道や消火栓を設置しました。それによって冬季の除雪も入るようになりました。私、松浦忠は、これまでに100本以上の市道移管を手掛けてきました。

橋イラスト.jpg 平和通りも鉄道線路を横断できず行き止まりでした。入り組んだ権利関係を整理して用地提供をいただき、平和橋も完成させ、苗穂駅前で北3条通りに接続しました。菊水上町は市内中心部と直結し、大きく変貌しつつあります。

 この地域は「菊水上町地区施設整備計画」をつくり基盤整備を進めています。

 例えば、道路は

(1)菊水上町中央通
(2)豊平川右岸線
(3)菊水上町1号線
(4)同4号線
(5)同5号線
(6)同4条2丁目4号線
(7)区画道路1号線(仮称)

など、消防自動車など大型緊急車両が通れるよう整備が着々と進んでいます。

 同時に、わらしこ公園、菊水上町いずみ公園なども整備しました。

 また、菊水上町4条1丁目にあった下水道資材置き場跡地約400坪に高層市営住宅が建設されましたが、私、松浦忠が1983年、初めて市議会議員に立候補した際に公約したものです。

 豊平川河川敷へ降りるスロープ道路なども、地域のみなさまの要望を取り上げ、実現してきたものです。
タグ:菊水
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 16:19| 白石区への取り組み・実績