2010年12月21日

地下鉄菊水駅に待望のエレベーター設置

 国立病院機構北海道がんセンターに通院する患者さんや地域住民から強い要望が出されていた地下鉄菊水駅のエレベーターが2006年3月にやっと設置されました。札幌市内の地下鉄駅は49あり、すでに43駅に設置されていました。ここの設置が遅れたのは土地がなかったからです。市は、北洋銀行菊水支店内に設置を働きかけていながらも、実現していませんでした。

 そこで、私、松浦忠は、北海道がんセンター荻田征美院長と菊水地区町内会連絡協議会伊藤義顕会長との3人連盟で北洋銀行頭取に要請し、全面協力を取り付けることができたのです。ただちに設計・施工にかかり、通常の工期である2年を大幅に短縮し、7カ月で実現しました。地下掘削の夜間作業も必要なため、関係する菊水西町連合町内会に真鍋会長、菊水2条3丁目町内会の鷲谷会長と相談し、地域の皆さまの全面的な協力をいただいて実現したものです。

タグ:菊水
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 16:05| 白石区への取り組み・実績