2010年12月21日

みんな生きいき「老後の安心」のために

寝たきり防止と「高齢者診療科」の普及を
koureisha.jpg 高年齢者の大多数は死の瞬間まで自立した生活をして、家族や他人に迷惑をかけたくない。こんな理想を追い求めています。
 老後を健康に暮らすことは、みんなの願いですが、平均寿命が延びると同時に、寝たきりで医療と介護を必要とする高齢者の数も増え続けています。
 札幌市にとって、増大する老人医療費と介護保険料の負担増は大きな悩みです。

 私、松浦忠は、老人医療費の増大に歯止めをかける大きな成果をあげている全国各地の取り組みを視察し、「高齢者診療科」と寝たきり防止の「筋力トレーニング」の普及を、いち早く訴えてきました。 

高齢者が安心してかかれる診療科
 子供には小児科があるように、高齢者が安心してかかれる総合的な診療科が必要です。高齢者の病気は、多臓器にまたがっていていることが多く、これらを総合的に診て、加齢のために衰えた身体機能に合わせた生活指導や、生きる気力を持たせる心のケアもおこなう「高齢者総合診療科」を市立病院に設置し、普及させることを提案しています。検査や投薬の重複による危険をなくし、介護サービスとの連携もとりやすくなるため、医療費や介護費用の大幅な抑制もはかられます。

市をあげて筋肉トレーニング普及を
 各区の保健センターが中心になって、寝たきりを防止する、高齢者が家庭でできる筋肉トレーニングの普及に努めることが必要です。
 一人ひとりが人生に満足感と「生きてて良かった」との想いで人生の終着駅に到達できるような健康対策を、市をあげて取り組むことが必要です。


 私、松浦忠は、高齢者が健康で安心して暮らせる札幌市の実現にむけ全力をあげてまいります。
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 13:46| 全市的な取り組み・実績