2010年11月23日

天下りでも税金の無駄遣い

一般職でも年収369万円の札幌市職員再任用制度

天下りイラスト.jpg 札幌市は「天下りを全廃した」といいますが、実は、退職者を65歳まで再雇用し、市職員のまま出資団体などに派遣するよう形を変えただけなのです。

 おまけに、派遣先での給料が、道職員の同等の地位の人の場合と比べて大幅に高いのです(表参照)。

 私、松浦忠は2月24日、札幌市議会第1回定例会代表質問で、天下り再雇用者の給料を道庁職員なみに引き下げるよう求めましたが、市長は拒否しました。

 市職員は再任用という制度で定年退職後も希望者は市に雇用され、その数は953人(4月1日現在)です。

 係長以下の一般職でも、給与は月額25万円で年収369万円(市の試算)にもなります。

 札幌市は、新規採用を減らしているので定員は変わらないといいますが、恵まれた退職金や年金制度のある公務員は、極力、身を引き、若者たちに雇用機会をあたえるべきだと思います。


(表)再就職する場合の年俸の上限額
北海道の場合    札幌市の場合
副知事 660万円 副市長 900万円
部長級 560万円 局長職 720万円
部次長 430万円 部長職 630万円
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 12:18| 札幌市議会だより