2015年03月31日

雪置き場に民有地 有料使用で経費節減!!

雪置き場に民有地 有料使用で経費節減!!
宅地などの空き地 有効利用の制度づくりを

雪置き場は、ダンプや重機の騒音、振動で敬遠され、河川敷や遠く離れた調整区域に設置されています。排雪作業の効率を考えると、空き地を借りて、輸送距離を短くすることで経費の節減となります。それを実現するには、冬期だけ民間所有地を固定資産税免除で借りる制度をつくる必要があります。
<2月18日代表質問と答弁要旨>
質問 松浦忠議員 私は、元電電公社野球場だった約6300坪の土地を、持ち主がNTT東日本から住友不動産に変わった時点から、管理をする代わりに地域の雪置き場として無償で借りています。その後、恵佑会札幌病院に所有権が移りましたが無償です。このような場所がたくさんあるのですが、中には、せめて使用期間の固定資産税を免除してもらえないかという声があります。憲法第29条では個人財産は正当な補償のもとで公共のために使用することができる、となっているので、善意にたよって無償で借りるのは間違いでした。固定資産税相当額ぐらいで、有償で借りる制度をつくるべきと思いますが、どう考えますか。
答弁 生島典明副市長 雪置き場として民有地を有効活用することは、雪堆積場の負荷軽減とパートナーシップ排雪が効率よく行える利点があります。一方、騒音や振動の周辺への影響も懸念され、地域でどう合意形成をしていくのかが課題です。本年度、地域を限定した社会実験を実施していますので、結果を踏まえ、課題の整理や検討を行いたい。使用料を払うことも含めて制度設計の検討を進めたい。
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 09:40| 白石区への取り組み・実績

2015年03月30日

北郷公園再整備事業(26、27年)実施 幼児水遊び用「すりばち型」噴水も設置

北郷公園再整備事業(26、27年)実施
幼児水遊び用「すりばち型」噴水も設置


 松浦忠が平成23年〜25年に検討委員会を設置し、再整備案をとりまとめました。市はこの案を採用して整備工事を進めています。総工費5億円です。
 26年度は、パークゴルフ場設置(9ホール2カ所を18ホール1カ所に統合)、野球場などを整備しました。
 27年度は、遊具広場(幼児水遊び噴水、すべり台などの遊具設置)、テニスコート、少年野球場、多目的広場(ゲートボールに使用可能、ミニバスケットコート)を整備します。
 舞台は、この計画の前に整備しました。本年の夏祭りは、予定通り舞台と芝生が使えるようにしました。
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 09:19| 白石区への取り組み・実績

2015年03月28日

北海道がんセンター建て替え着工へ 松浦忠が地主説得で実現!

北海道がんセンター建て替え着工へ
松浦忠が地主説得で実現!


■松浦忠が白石区役所跡地への移転を変更させる
@平成22年11月末日、がんセンター通院患者から「移転を取り止めて、地下鉄駅に近い現在地で建て替えてほしい」との要請がありました。
A現在地(菊水3条2丁目)用地が狭く駐車場もなく白石区役所跡地への移転を市と約束していました。
B松浦忠が西尾正道院長(当時)に会って話を聞きました。

<西尾院長との対話要旨>
松浦議員:なぜ白石区役所跡地へ移転するのですか。
西尾院長:敷地が狭く駐車場も確保出来ない。白石区役所跡地なら適切な広さなので新病院建築に適しているので移転する。
松浦議員:それなら、道路を挟んで向かいの駐車場用地約1000坪余あるので買ってはどうか。
西尾院長:売ってくれない。
松浦議員:私が買えるよう話をまとめたら移転はやめますか。
西尾院長:それなら、ここで建て替えます。

■駐車場用地1000坪余を4週間で契約へ
 松浦忠が12月の第1土曜日から毎週、地権者の函館の会社を訪問し、社長と相談を重ね、4週目の土曜日、西尾院長を同行して用地取得の仮契約を行いました。

■新病院完成は5年後の平成33年度
 新病院はベッド数430床(現在520床)、高齢化する現状に対応する診療体制になります。建設工事中も診療は現在の建物で行っています。
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 09:53| 白石区への取り組み・実績

2015年03月27日

「介護総合センター」を白石区役所跡に開設 松浦忠が検討委員会を設置して区民の総力結集で実現へ

「介護総合センター」を白石区役所跡に開設
松浦忠が検討委員会を設置して区民の総力結集で実現へ


 介護が必要になり、自宅での一人暮らしが不安になったという方が増えています。「自宅で十分な介護を受けながら暮らすには自己負担が大き過ぎる」「いろいろな施設があっても料金が高くて入れない」と、誰もが安心して入れる施設や制度をつくってほしいとの意見が多く寄せられています。
 私、松浦忠は、解決策の一つとして、元気なうちに介護の手伝いをしてポイントを貯蓄し、自分の介護費用に使える制度を創設しようと、平成27年定例市議会で提案しました。
 日本で初めての取り組み、来年10月に移転する白石区役所跡に、市が安い費用で入居できる施設を建設し、札幌市が運営主体になる取り組みを進めます。この施設には保育園を併設し、高齢者との交流を図ります。
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 09:14| 白石区への取り組み・実績

2015年03月26日

川下地区 開拓以来の悲願ついに実現! 道路の急カーブを直し必要な道路面の改修へ

川下地区 開拓以来の悲願ついに実現!
道路の急カーブを直し必要な道路面の改修へ


 私、松浦忠は1983年(昭和58年)の初当選以来、川下地区の諸問題に取り組んできました。特に道路の急カーブ3カ所、大型車通行による路面破損などがあり、全面改良などが課題になっています。私は、市の平成27年度予算を審議する第1回定例市議会の代表質問で、この問題を取り上げました。
<2月18日代表質問と答弁要旨>
質問 松浦忠議員 白石区の市道川下線と川下3号線は、曲がりくねって急なカーブが3カ所あり、毎年、冬には物損事故が起きて危険です。
 また、平成10年前後に改修をしましたが、当時よりも今は相当重量のある車両が頻繁に通過するため、舗装の表面が割れています。
 急カーブ緩和と舗装路面の全面的な改修をすべきだと思いますが、市はどのように状況を掌握し、どう対処しようとしているのですか。
答弁 井上唯文副市長 市道川下線と川下3号線の急カーブ区間については、地元町内会からも早期改善要望が出されています。この路線はバス運行ルートにもなっており、急カーブの改善は必要だと考えていますので、平成27年度に測量を実施し、早期に改善が図られるよう対処したいと考えています。
 また、平成9年から平成12年にかけて路盤も含めた道路改良工事を実施しましたが、舗装の損傷も見受けられますことから、路面状況を把握した上で、必要な対策を講じたいと考えています。

 川下町内会児玉会長、市土木部長、松浦忠市議会議員の三者で協議して井上副市長答弁通り実施することに決定しました。
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 09:29| 白石区への取り組み・実績