2011年01月25日

札幌の道路渋滞解消へ市長に緊急申し入れ

3億1100万円も減らした除排雪予算で市民はイライラ

 私、松浦忠は1月24日、大雪による札幌市内の道路渋滞解消のため、市長に緊急申し入れをしました。
 市長は、1月21日の記者会見で、「今般の道路渋滞の原因は、除雪予算とは関係ない。予算削減はしていない」と述べましたが、ウソです。
 札幌市は今冬、車道除雪が40km、歩道除雪が14km増えているのに、道路の除雪と運搬排雪の予算を3億1,100万円も減らしているのです。
 車両がすれ違えない生活道路や準幹線道、片側2車線が1・5車線に減ってしまった幹線道は、こうした予算のしわ寄せです。あるていど幹線道路の道幅が確保できても、左折や右折で進む枝道に車両が詰まっていては、渋滞するのは当たり前です。
 私が市長に申し入れた内容は次の通りです。


集中降雪対策についての緊急申し入れ(2011年1月24日)

 札幌市は、例年にない降雪による道路渋滞に見舞われ、市民生活が混乱しています。
 上田文雄市長は1月21日の記者会見で、「今般の道路渋滞の原因は、除雪予算とは関係ない。予算削減はしていない」と述べていますが、今冬の道路除排雪は、従来と方法が変わっているのです。
 私は、市民生活に欠かせない、円滑な道路交通確保のため、緊急対策として、次の策を直ちに講じることを申し入れます。


1、幅8メートルの生活道路は、従来、往復除雪をしていたものを一方除雪に変更しました。このため、道路幅が狭まり、車のすれ違いができなくなりました。さらに、対向車両が詰まっているため、幹線道路から進入できず、幹線道路の渋滞を招いています。幹線道路と接する生活道路の30メートルは全幅排雪してください。

2、片側2車線の幹線道路は、路肩に堆積した雪(幅50センチ〜1メートル)を排雪しない「排雪抑制区間」が前年より2割も増えたため、道路幅が1・5車線ほどに狭まり、事実上、両側1車線ずつになり、渋滞を招いています。排雪幅を広げ、片側2車線を確保すべきです。

3、準幹線の片側1車線道路は、歩道側堆積の垂直壁の路面と接する直角部に雪が堆積し、道路の断面がU字型になり、車両がセンターライン側に滑り落ちたり、傾いたりするため、対向車と交差できず、交差点内での交差を余儀なくされ、渋滞の原因になっています。一定間隔で大型車が交差できるよう、排雪を行うべきです。

4、排雪作業には、平ボディートラック運送業者(市民助成トラック登録業者等)を活用すべきです。

5、重機とトラックの運転手を市が緊急に募集し、各除雪センターの求めに応じて配置し、除雪機械が24時間運用できるようにすべきです。

6、北区、東区などの排雪対策には、あらゆる空き地を市が借り上げ、一時堆積をすべきです。

 以上の対策を行えば渋滞は大幅に改善されると確信しています。つきましては、上記について、1月28日までに、文書で回答を求めます。
以   上
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 08:16| 札幌市議会だより

2011年01月19日

おとしより憩の家存続求める陳情は継続審議に

平成23年度「おとしより憩の家」は従来通り存続

 札幌市議会厚生委員会は1月19日、中央区在住の医学博士・道下俊一先生から提出されていた、「おとしより憩の家」を廃止せず存続を求める陳情について審議をおこない、継続審議と決定しました。市は前年同様、予算を計上する予定で、来年度は従来通り利用できることになりました。

■高齢者を一人にするな
 陳情理由を説明した道下先生は、釧路管内浜中町で過ごした47年間の地域医療の経験から、高齢者の診療にあたっては、家族構成や人間関係など「カルテの裏側」をよく見ることが大切だったとおっしゃいます。「高齢者を一人ぼっちにしては絶対いけません」と語る言葉には大変説得力がありました。
 札幌市内に現在65カ所ある、おとしより憩の家は、高齢者の生きがいや、地域との結びつきを生み出す大切な場であることが、再認識させられるものでした。

■実態調査してから再審議へ
 私、松浦忠は、利用者には一人暮らしの御遺族や低所得の方も多いので、こうした実情が把握できる、きめ細かな実態調査を行うよう市に求めました。
 私の所属する改革維新の会と自民党、共産党は現行通り存続を求め、公明党はさらに増設、市民ネットは地域バランスをとるべきとし、民主党は継続しながら利用実態を見ながら見直し、と主張しました。
 採決の結果、市による、詳細な利用実態調査の結果を見てから再審議することになりました。
 市は調査を外注して任せきりにするのではなく、職員自ら調査に参加して、実態を把握し、対応策を策定することを市に強く求めました。

■利用者は増えている
 高齢社会を迎え、おとしより憩の家の利用者は増えています。平成17年度は12万2000人(のべ数)ですが、同21年度は14万8000人(同)です。運営に一番お金をかけているところは年間105万円で、少ないところは市からの補助金35万円だけです。
 お年寄りを一人ぼっちにしないため、私、松浦忠は、福祉施策と位置づけ、内容の充実を図るべきだと市に求めました。

<参考>
■「おとしより憩の家」とは
 60歳以上の高齢者を対象に、心身の健康増進、教養の向上、親睦(しんぼく)、レクリエーションなどのための場で、町内会館などで開かれています。各区にある老人福祉センターの補助的な役割を担い、1979年(昭和54年)から実施され、現在65カ所で、年間のべ14万7577人(平成21年度)が利用しています。利用料は無料、市が設備費や運営費を平成21年度決算で2270万円補助しています。
 市の担当部局である保健福祉局保健福祉部高齢福祉課は「老人福祉センターから遠い地域の高齢者にとって、気軽に利用できる場としてニーズが高く、また、高齢者の社会参加を促進する上でも、継続した補助が必要である」と、事業の意義を強調していますが、昨年6月に実施した市の事業仕分けで「廃止を含む見直し」と判定されたのです。

■松浦忠の関連ブログ記事
「おとしより憩の家」の廃止に反対しています
市長の高齢者いじめをやめさせましょう
http://matsuura-tadashi.sblo.jp/article/42451972.html

■事業仕分け議事録「おとしより憩いの家運営費補助、はつらつシニアサポート事業(高齢者地域貢献支援事業)」http://www.city.sapporo.jp/somu/hyoka/siwake/gijiroku/2-2/5.pdf
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 20:58| 札幌市議会だより

2011年01月17日

川下公園リラックスプラザのプールと浴場存続の請願は継続審議に

川下公園リラックスプラザ
プールと浴場の存続を求める請願、継続審議に


■23年度はプールと浴場存続に
 札幌市議会総務委員会は1月17日、白石区川下町内会(提出者・児玉久雄会長、紹介議員・松浦忠)から提出されていた、「白石リラックスプラザのプールと温浴施設の存続を求める請願」について審議をおこない、継続審議と決定しました。市による、詳細な利用実態調査の結果を見て再審議することになりました。
 市は、新年度予算案にリラックスプラザの運営費を計上する予定で、とりあえず、来年度は従来通り施設を利用できることになりました。

■署名活動は1万人目標に継続
 リラックスプラザのプールと浴場は、昨年6月に実施された事業仕分けで「廃止を含む見直し」と判定されたため、地元の川下町内会(児玉久雄会長)が存続を求め、昨年11月下旬から署名活動を続けていました。
 私、松浦忠は、利用者の皆さんや地域の皆さんと一緒に、廃止に反対する署名活動を行っています。
 この日の請願審議には3671人の署名が提出されました。同町内会では、1万人を目標に今後も署名活動を続ける計画です。

■札幌市内で唯一の貴重な施設
 この日、審議の前に請願理由を説明した川下町内会の児玉久雄会長は、リラックスプラザのプールが、運動施設である各区の温水プールと違い、車いすでそのまま利用できる市内で唯一の施設であること。ふだん歩行ができない車いす利用者が、浮力のある水中では自力で歩くことができるなど、リハビリ施設としても貴重な存在であること、地域住民の健康増進とふれあいなどたくさんの効果があることを訴えました。

■市は利用実態の調査実施へ
 審議では、自民、民主、共産、改革維新の会の議員から発言がありました。利用実態の詳細がわからないため、審議ができないという意見が出され、市は、利用の少ない冬季と、利用者の多い夏季の実態調査を行うことになりました。

■温泉復活させ効能と魅力生かした施設に
 また、この施設の「目玉施設」であった温泉が、パイプの損傷で砂が入り使えなくなり、水道水の沸かし湯になっていることについても、施設設置の目的が果たされていないという疑問が出されました。
 私、松浦忠が提出を求めている、施設新設の目的などが詳しく記された起案書について、市は探したが見つからないとしていますが、総務委員会として再度探して提出するよう求めました。
 温泉を利用することが、リハビリや健康増進に有効なことは明らかなので、温泉をもう一度掘り、当初の目的通り、温泉を活用した機能訓練などに役立つ施設にもどすべきだと、私、松浦忠は市に求めました。
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 17:33| 札幌市議会だより

2011年01月08日

北海道がんセンターは移転せず現在地で改築決定

国立病院機構・北海道がんセンター
移転せず菊水の現在地で改築を決定


国立病院・北海道がんセンター(白石区菊水4条2丁目3の54、西尾正道院長)は、2015年に引っ越し予定の白石区役所の跡地へ移転を検討していましたが、現センターに隣接する土地を購入できる目途がたったことから、現在地で改築することを決定し、1月7日、発表しました。

昨年11月、業界紙の北海道建設新聞で、同センターの移転が報じられたため、それを見た患者さんから、「移転されたら困る」という相談が、私、松浦忠に寄せられていました。
同センターは、地下鉄東西線菊水駅の、エレベーターのある3番出口から徒歩3分と便利ですが、もし、いまの白石区役所の場所へ移ると、地下鉄白石駅から遠く、通えなくなるというのです。

■施設が老朽化し用地が手狭
私、松浦忠は、さっそく同センターを訪ね、なぜ移転が必要なのかを尋ねました。
同センターは、2009年度に、北大病院や札幌厚生病院など道内に20施設あるがん診療連携拠点病院の中心となる「都道府県がん診療連携拠点病院」に指定され、がんの診療・研究・教育研修・情報発信で先端的な役割を担っています。
しかし、同センターの病棟は30年近く使われ老朽化し、病室の面積が狭く、現在の基準の病床面積(患者1人当たり6.4u)に適合していません。
さらに、同センターにふさわしい、最新の放射線治療機器の導入に必要な防護設備を設けるにも施設が手狭でした。また、駐車場が狭く、毎日、駐車待ちの車が列をなしています。

■移転予定の白石区役所跡地が候補地に
同センターでは、数年前から、隣接する民間駐車場のある一角、約3000 uを買いたいと地権者に持ちかけていましたが、断られていたというのです。
交通の便のいい現在地での改築が最善ですが、白石区役所が2015年に移転を計画し、跡地約1万8000uを売り出すというので、有力な候補地と考えていたというのです。
現在の同センターは、敷地面積1万5633u、建物は鉄筋コンクリート構造で建築面積8852u、最上部が7階建てで延べ床面積3万5614m2。外来25科目で病床数は一般で520床です。

■地権者と話し合い1カ月で合意
私、松浦忠は、直ちに同センターに隣接する地権者2者に連絡をとり、土地を同センターに売ることができないのか話し合いました。
約1カ月で、地権者のご理解が得られ、現在地での改築にめどがたったのです。
私、松浦忠は、「独立行政法人 国立病院機構北海道がんセンターを現在地で存続させることを求める会」を組織し、12月27日、独立行政法人国立病院機構に対して、機能拡充のうえ存続を求める申し入れを行いました。
この申し入れには、菊水地区にある47町内会のうち、43の町内会長さんのご賛同をいただき、署名として添えました。
私は、初めて市議会議員に当選した1983年から、いまの北海道がんセンター(当時の国立札幌病院)を菊水地区のシンボルとして街の整備を図ろうと考えていました。道路などの住環境整備が進み、総合病院である北海道がんセンターには全道各地から患者さんやご家族が訪れ、地域にとってなくてはならない存在になっています。
札幌中心部のテレビ塔から、北海道がんセンター、北大病院、札幌医大病院は、ちょうど2qの距離にあります。その利便性からいっても、がん医療の拠点はこの地以外にふさわしい場所はないと考えています。
ご協力いただきました、各町内会長の皆さま、北海道がんセンターの西尾正道院長をはじめ関係者の皆さま、隣接地の地権者の皆さまに、心より感謝を申し上げます。
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 16:29| 全市的な取り組み・実績

札幌市の「おとしより憩の家」の廃止に反対です

「おとしより憩の家」の廃止に反対しています
市長の高齢者いじめをやめさせましょう


札幌市議会に昨年12月27日、「おとしより憩の家」の存続を求める陳情が提出されました。提出したのは、浜中町で47年間医師を務めた地域医療の第一人者である医学博士・道下俊一さんです。道下さんは、現在、札幌市内にお住まいです。
私、松浦忠も、道下先生のお考えと同じです。「おとしより憩の家」存続のため、全力をあげてまいります。

■「おとしより憩の家」とは
おとしより憩の家」は、60歳以上の高齢者を対象に、心身の健康増進、教養の向上、親睦、レクリエーションなどのための場で、町内会館などで開かれています。各区にある老人福祉センターの補助的な役割を担い、1979年(昭和54年)から実施され、現在65カ所で、年間のべ14万7577人(平成21年度)が利用しています。利用料は無料、市が設備費や運営費を平成21年度決算で2270万円補助しています。
市の担当部局である保健福祉局保健福祉部高齢福祉課は「老人福祉センターから遠い地域の高齢者にとって、気軽に利用できる場としてニーズが高く、また、高齢者の社会参加を促進する上でも、継続した補助が必要である」と、事業の意義を強調していますが、昨年6月に実施した市の事業仕分けで「廃止を含む見直し」と判定されたのです。

■道下俊一先生のご意見
以下は先生の陳情書の内容(原文のまま)です。

平成22年12月27日
札幌市議会議長 福士勝様

おとしより憩の家」を廃止せず存続することを求める陳情

医師 道下俊一

住所・電話番号(略)

(要旨)
 「おとしより憩の家」は、札幌市版の事業仕分けで「廃止を含む見直し」との評価があったが、その評価は有効性がきちんと把握されていないものであることから、その有効性をしっかり捉え、廃止せずに存続させていただきたい。

(理由)
「札幌市版の事業仕分けということで、市民により札幌市の事業について評価が行われたことは報道等で知っていたが、「おとしより憩の家」についての仕分け人による判断が、「廃止を含む見直し」ということは、納得のできる結果ではない。
私は、浜中町にて、俗に言う僻地診療に47年間携わったが、その中で痛感したのは、この浜中町の人たちが、二度の地震による津波の被害や医療を満足に受けられない僻地でも、困難に負けずに故郷を愛して、住み続けたことである。その故郷への愛が、その土地のコミュニティを作り、育て、さらには元気なお年寄りを育むものとなっていると考える。これらは、今の疲弊しきった大都市・札幌でも重要なことだと考える。
 そうした場合、「憩の家」を単に利用者が少ないとか、同じような事業が他にもある、ということで簡単に片付ける、整理するべきものではない。浜中町の例のように、お年寄りが元気でいることが、まちを支えることにつながり、お年寄りに元気がないということは病院により多くかかることになり、医療などの面でより一層の予算を必要として、結果、まちは元気がなくなるのである。
 「おとしより憩の家」を「廃止を含む見直し」とする判断は、仕分け人の理解が不足しているためであり、「廃止」は札幌市の土台を壊すことになると考え、「廃止」せずに「存続」していただきたい。」


<参考>
事業仕分け議事録「おとしより憩いの家運営費補助、はつらつシニアサポート事業
(高齢者地域貢献支援事業)」
http://www.city.sapporo.jp/somu/hyoka/siwake/gijiroku/2-2/5.pdf
posted by 札幌市議会議員松浦忠後援会 at 16:28| お知らせ